トップページ > ヒルマ博士の食材情報

今週の特売情報

鮟鱇(あんこう)

身は85%が水分で淡白な味わい。肝は栄養価が高く、ビタミン、ミネラルが豊富です。骨以外はあますところなく食べられ、鍋料理によく使われます。

 

鱈(たら)

脂肪分が非常に少なく低カロリーなので、ダイエット食材に、また消化吸収がよいので体調の優れない時の食事にも最適です。淡白な味わいが魅力で、ちり鍋によく使われます。

 

頭矮蟹(ずわいがに)

低カロリー、低脂肪、低コレステロールの食材。味覚障害の予防になる亜鉛の他、カルシウム、鉄などのミネラルも多く含み、高血圧予防に効果のあるタウリンも豊富です。

 

赤貝(あかがい)

たんぱく質をを多く含みます。さらにビタミンB12も貝類でシジミに続いて二番目に多く含みます。

 

赤鰈(あかがれい)

消化が良く、低カロリーなので病人食や離乳食にも最適です。タウリンが多く、動脈硬化の予防や血圧の正常化、コレステロール値の低下、血糖値の上昇抑制などに効果があります。

 

青梗菜(ちんげんさい)

日本でもっともポピュラーな中国野菜です。ビタミン類が豊富で抗酸化作用があり、カルシウムや鉄などのミネラル類も多く、栄養価の高い緑黄色野菜です。

 

ブロッコリー

カロテンとビタミンCが豊富。さらに糖尿病予防の効果があるクロム、血圧を下げる働きがあるカリウム、貧血を予防する鉄、カルシウム、ビタミンKなどを多く含みます。

 

水菜(みずな)

食物繊維をはじめ、ビタミンB群など、ビタミンとミネラルがバランスよく含まれています。生活習慣病の予防、美肌にも効果が期待できます。

 

アボカド

「森のバター」といわれ、栄養価の高さはギネスブックも保証済み。カリウムやビタミン、食物繊維が豊富。アボガドの脂肪分は不和脂肪酸といって、血液をさらさらにしてくれます。

 

温州みかん

ビタミンCの他にもカロテンやクエン酸も豊富です。捨ててしまうことも多い袋やすじにはビタミンCの吸収率を高め、毛細血管を強くする効果のあるビタミンPが含まれています。

 

次のページへ

パートナーさん募集
  • ヒルマシェフのレシピ情報
  • 今週のお買い得情報
  • 店舗情報