トップページ > ヒルマ博士の食材情報

2008年 06月

紅鮭

スモークサーモンは最高級品。初夏に日本へ近づきそれもまた絶品と好む方が多いです。炊き立ての白いご飯に焼いた鮭はやはり絶妙。

 

伊佐木(いさき)

初夏が旬で夏場はお刺身が最適です。クセの少ない淡白な味で、たたきや揚げ物にも向いています。涼しくなると、とたんに痩せて身が落ちてしまうのでこの時期をお見逃しなく!

 

鱧(はも)

大阪や京都でのお祭り行事にはかかせないお魚。「祭りはも」とも呼ばれ、ほどよく脂がなじんで身の締まり具合も絶妙。食べ方は多彩で、椀種、焼き物、和え物、酢の物と何でも美味しくいただけるお魚です。

 

佐藤錦(さくらんぼ)

かつての主力品種ナポレオンの交配から生まれた日本独特のさくらんぼ。赤味が強く大粒で、果肉は柔らかくとっても甘い。現在では生産量第1位になっています。

 

デラウェア(種なしぶどう)

5月〜10月くらいまで出回り、全国的に普及している赤色ぶどう。小粒ながらも甘味は充分です。生食用が主ですが、国産白ワインの原料としても利用されています。

 

とうもろこし

中南米が原産。栽培の歴史は古く、マヤ・アステカの古代文明までさかのぼります。種類も多いですが日本ではほとんどが甘味種のスイートコーン。甘味が強く、最近では生でもおいしいキャンベラも登場しています。

 

次のページへ

パートナーさん募集
  • ヒルマシェフのレシピ情報
  • 今週のお買い得情報
  • 店舗情報