トップページ > ヒルマ博士の食材情報

2017年 09月

秋刀魚(さんま)

DHA・EPAを多く含み、脳細胞の活性化や目の網膜活性化に効果があり、悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす働きがあるそうです。

 

浅蜊(あさり)

血液の赤血球を作る上で必要な鉄分や、生成に働くビタミンB12を多く含んでいるため、貧血気味の方には良いそうです。

 

鮭(しゃけ)

アスタキサンチンを多く含み、強い抗酸化作用で細胞の酸化を押さえるため、老化防止やがん、動脈硬化を予防する効果があるそうです。

 

いくら

マグネシウムが豊富で、カルシウムの骨からの溶出を防ぐなど骨の代謝を正常に維持する働きがあり、カルシウムも含まれるので、イクラは骨粗しょう症の予防に効果があるそうです。

 

椎茸(しいたけ)

食物繊維豊富で、体内に吸収されようとしている脂肪を包み込み体外へ排出し、腸の働きを活発にするそうです。

 

チンゲン菜

β-カロテンを多く含み、油を使う炒めものにすることで、より効率的に栄養をとることができるそうです。

 

柿(かき)

カリウムを多く含み、はナトリウム(塩分)を排泄する役割があり、高血圧の予防に効果があるそうです。長時間の運動による筋肉の痙攣などを防ぐ働きもあるそうです。

 

葡萄(ぶどう)

ポリフェノールが沢山含まれていて、特に皮や種の部分に多く、ガンや動脈硬化の予防に効果があるそうです。

 

梨(なし)

解熱作用があり、成分の89%が水分ということもあり、夏場で喉が乾いた時や風邪の時に食べると良いそうです。

 

栗(くり)

亜鉛を多く含んいる為、髪への栄養素として、発毛や育毛にとてもよいとされているそうです。

 

次のページへ

パートナーさん募集
  • ヒルマシェフのレシピ情報
  • 今週のお買い得情報
  • 店舗情報