最新の食材情報
過去の食材情報

トップページ > ヒルマ博士の食材情報

2018年 03月

蛤(はまぐり)

骨や歯を丈夫にするカルシウムや貧血予防に欠かせない鉄などのミネラルが豊富。旨味が強く、和・洋・中とさまざまな料理に使われます。

 

眼張(めばる)

血圧を正常に保つカリウムや骨の強化に欠かせないリンが豊富。脂がのって身の締まる旬の眼張は身離れがよく、煮付けや塩焼きでいただくのがお勧めです。

 

栄螺(さざえ)

巻貝の中でもたんぱく質とビタミン類が豊富。また皮膚の老化を予防するコラーゲンも多く含んでいます。

 

針魚(さより)

たんぱく質、カロリー、脂肪分が少なく、亜鉛や鉄などのミネラルが豊富。さっぱりとしたクセのない味わいで旬の早春にはさらに味がよくなります。

 

鰊(にしん)

春に産卵のため北海道沿岸に現れるため『春告魚』とも呼ばれています。粘膜を丈夫にするビタミンAやカルシウムの働きを調整するビタミンDなどビタミン類が豊富です。

 

豆苗(とうみょう)

えんどう豆の新芽とつる先の若葉の部分。ほうれん草の味に似ていますが、カロテンやビタミンCはより多く含みます。強火でサッと火を通す調理法がお勧め。

 

春キャベツ

胃炎や潰瘍の回復に効果があるといわれるビタミンUが含まれています。みずみずしく生食向きで水に放つとパリッとしますが、ビタミンCが流出するのでほどほどに。

 

三つ葉

ビタミンC,鉄、カロチンを多く含みます。香りの成分は、食欲増進や神経を鎮め、ストレスをやわらげる効果に期待ができます。

 

デコポン

皮が手でむけるほどやわらかく、実は甘味が強くて袋ごと食べられるのが特徴。袋ごと食べれば、ビタミンB1、P、食物繊維もたっぷり摂れます。

 

キウイ

ビタミンC、食物繊維、ミネラルが豊富。また、たんぱく質分解酵素のアクチニジンが含まれているので、肉と一緒に摂ると胃もたれを防ぐ働きがあります。

 

次のページへ

パートナーさん募集
  • ヒルマシェフのレシピ情報
  • 今週のお買い得情報
  • 店舗情報