トップページ > ヒルマ博士の食材情報

2009年 01月

ふぐ(河豚)

真冬を代表する高級魚です。特有の香りを持つ白身は身持ちが良く鮮度が落ちにくいため、水洗いした「身欠き」が出回っています。煮るも焼くもよし、薄造りのお刺身、お鍋のてっちりとぜひこの時期頂きたいお魚です。

 

ナメタカレイ

北海道や東北では高級魚として扱われています。最近では子持ちなどの煮付けが人気です。秋から翌春にかけて出回りますが、最も脂がのるのは冬です。

 

帆立

貝柱はお刺身、酢の物が美味。最もぷりぷりでジューシーな味が楽しめるのは冬から春にかけてです.

 

あんこう(鮟鱇)

東日本の冬の味覚の代表。身はとろけるような歯ざわりで淡泊な白身。肝も美味で肝臓の大きさで価格が決まるほどです。肝は血抜きをし、塩をふって1時間ほど蒸すとそれだけでも美味。あんこうなべも人気です。

 

越冬みかん

文字の通り、年を越して収穫されたみかんです。手間を惜しまず丁寧に丁寧に作られました。柑橘の香り良く濃厚な甘みがあります。通常は一つ一つ丁寧に袋に入れ販売されています。

 

紅ほっぺ

紅ほっぺは 『あきひめ』と『さちのか』を交配させた静岡生まれの新種です。実が大粒で香りが高く果汁もとても多いです。そして上品に適度な酸味もあってりコクがあります。お子様から大人まで楽しめる味です。

 

次のページへ

パートナーさん募集
  • ヒルマシェフのレシピ情報
  • 今週のお買い得情報
  • 店舗情報