トップページ > ヒルマ博士の食材情報

2007年 10月

たら (鱈)

寒くなるにつれて脂がのって味が良くなる魚です。干すと独特の旨味が出るので、開き干しに加工される事も多いです。
水分が多く身肉の脂質が0.4%と淡白な白身であっさりした味わいです。

 

すじこ (筋子)

さけの卵巣です。筋子は未成熟の卵巣を塩漬けにしたものです。魚卵・塩辛は白飯にもお酒にも合いますね。タンパク質・カルシウムに豊んでいます。

 

さけ (鮭)

養殖が中心ですが味はとても美味しいです。日本では北海道が主な漁場、世界ではアラスカ・カナダ沿岸・ノルウェーなどで漁獲されます。
ソテー・ムニエルといった洋風の焼き物向きです。

 

秋さば (秋鯖)

冬にかけて美味しくなるのは、産卵を終えて猛烈に餌を食べ始める為です。いい餌の多い日本近海が美味しい鯖の漁場となります。
脂ののりの良いこの時期は塩焼がお勧めです。

 

巨峰

日本で育成された欧米交配種。粒が大きく伊豆半島の河津町峰で作られたので「巨峰」と命名されました。デラウェアに次ぐ生産量で高級ぶどうの代表格。強い甘味と濃厚な味わいが人気です。

 

日本栗の他にヨーロッパ栗・アメリカ栗・中国栗があります。日本栗は粒が大きく調理向きです。代表品種に丹沢・筑波・銀寄・利平などがあります。中国栗は焼き栗でお馴染みです。

 

次のページへ

パートナーさん募集
  • ヒルマシェフのレシピ情報
  • 今週のお買い得情報
  • 店舗情報