トップページ > ヒルマ博士の食材情報

2009年 08月

あじ(鯵)

あじの旬は夏。気温と共に美味しさが増してきます。輸入ものも増えましたが、日本で獲れる9割がマアジ。新鮮ならお刺身が美味しく、塩焼きはもちろんタタキや酢の物、干物も美味です。

 

かんぱち(間八)

高級魚で近年は養殖も盛んなお魚です。身の締まりも良く、ブリほど脂っぽくないので夏にはちょうどいい脂具合です。お刺身はもちろん、照焼、みそ焼と美味しくいただけるお魚です。

 

いわし(鰯)

栄養満点でヘルシーなお魚。世界的に日本のイワシは美味と言われています。新鮮な物はお刺身も良いですが、ぜひ内臓を残したまま丸ごと塩焼きで、はらわたの苦さも楽しんでみてください。

 

あゆ(鮎)

古くから親しまれている身近なお魚。天然物はわずかな数でとても稀少。最近ではより天然に近い色と形の養殖あゆが開発されています。塩焼きが主な食べ方です。

 

もも(白鳳)

7月中旬〜下旬に出回る桃の中心品種。果皮は赤みがかかっていて、果肉のきめが細かく、果汁もたっぷり。8月中旬頃が最も果汁に富み、美味しくなります。

 

巨峰

日本で育成された欧米交配種。種が大きく、デラウェアに次ぐ生産量で高級ブドウの代表格。濃厚な味わいで大人気のフルーツです。粒に白い粉がしっかりついているものが新鮮です。

 

次のページへ

パートナーさん募集
  • ヒルマシェフのレシピ情報
  • 今週のお買い得情報
  • 店舗情報