トップページ > ヒルマ博士の食材情報

2009年 10月

秋さば(秋鯖)

秋から冬にかけて美味しくなるのは、産卵を終え、たくさん餌を食べ始めるためです。餌の多い日本近海産がお勧めです。

 

さんま(秋刀魚)

「安くておいしいお魚」の登場です。塩焼きが最高で脂がのったさんまは秋の味覚そのもの。青魚を代表する味です。


 

たこ(蛸)

店頭に出回るのは茹でたものが中心で、大半がアフリカなどからの輸入ものです。足の巻き具合がしっかりかたく巻いているものが新鮮です。

 

秋鮭

銀鮭・紅鮭共に秋が旬のお魚です。鮭の成熟した卵のイクラや、未熟な卵巣・筋子も旬です。鮭は塩焼きはもちろん、ステーキ・ムニエル・バター焼・フライ・お鍋にと美味しい食べ方がたくさんあります

 

栗(茨木県産)

主成分は糖質で、特にでんぷんを多く含んでいます。たんぱく質やビタミン類が豊富に含まれています。お料理に、おやつにと食べ方はいろいろです。(生の栗をお酒のおつまみにすると言う方もいらっしゃいます。)

 

種なし柿(和歌山県)

原産国は日本を含む中国や東アジアとされています。種なし柿の果肉は緻密で果汁が多くとっても甘いです。

 

次のページへ

パートナーさん募集
  • ヒルマシェフのレシピ情報
  • 今週のお買い得情報
  • 店舗情報