トップページ > ヒルマ博士の食材情報

2010年 02月

かさご(笠子)

白身魚のわりに脂肪が多く、身の締まりも良いおいしいお魚。高タンパク、低脂肪でとてもヘルシーな上、カルシウム・ビタミンDを豊富に含んでいます。骨粗しょ症予防や歯を丈夫にしてくれます。

 

かれい(鰈)

かれいと言えば煮つけ。ほろりととろけるような身はおふくろの味。残念ながら急激にとれなくなっているお魚の1つです。豊富に含まれるビタミンB2は、健康な皮膚や髪、爪を作る手助けをしてくれます。

 

きちじ・きんき(喜知次)

「キンキ」の名で親しまれています。白身は脂肪が多くとてもやわらかくとろけてしまいます。煮つけが代表的な料理ですが塩焼きも美味。ビタミン・EPAを多く含むお魚で、EPAは魚類中2位の量を含んでいます。

 

まぐろ(鮪)

お刺身の王道まぐろ。良質なたんぱく質でDHA・EPAも豊富。血栓を予防し、脳の働きを活発にしてくれます。血合いには鉄やタウリンが多く含まれています。

 

菜の花

ビタミン・カルシウム・鉄など栄養たっぷりの緑黄色野菜です。免疫力を高める・高血圧防止・美肌・風邪予防に役立ちます。春の野菜と言えば菜の花。さっとゆでて和え物などが美味。

 

ちんげんさい(青梗菜)

ビタミンA・ビタミンCがたっぷり。お肌を美しく保ちます。炒め物にもスープにもサラダにも合い、料理法はいろいろです。

 

こまつな(小松菜)

ビタミンB2の量はトップクラス!カルシウムはホウレン草の5倍!美肌に、活発に活動したい方に、風邪予防にと元気をくれるお野菜です。さっとゆでておひたしや油いためなど美味しく頂けます。

 

伊予かん

皮は厚いですがむきやすく果肉がとても柔らかいです。ビタミンC・クエン酸を多く含み、ビタミンCは肌にはりをもたせ、免疫力を高め、風邪のひきにくい体にしてくれます。

 

はっさく(八朔)

サクサクとした歯ごたえと、果汁は少なめですが酸味が少なくさっぱりした甘味が特徴です。和歌山・愛媛・広島が主産地です。ビタミンが豊富ではっさく1個で1日の接収量の70%をとることができます。

 

次のページへ

パートナーさん募集
  • ヒルマシェフのレシピ情報
  • 今週のお買い得情報
  • 店舗情報