トップページ > ヒルマ博士の食材情報

2010年 10月

いわし(鰯)

DHA・EPAを多く含んでいます。コレステロールを下げ、血液をサラサラにし、脳の働きを高め、脳の老化防止に効果があります。新鮮な物はお刺身でも良いですが、ぜひ内臓を残したまま塩焼きもお試し下さい。

 

秋鮭

DHA・EPAを多く含んでいます。コレステロールを下げ、血液をサラサラにし、脳の働きを高め、脳の老化防止に効果があります。炊きたてのご飯に鮭の組み合わせは絶妙です。


 

さんま(秋刀魚)

秋の味覚の代表魚。貧血に効果のあるビタミンB12を多く含み、ビタミンA・DHA・EPAも多く含んだ栄養素の高いお魚です。黄色い口先が新鮮な証拠です。


 

秋さば(秋鯖)

秋から冬にかけて美味しくなるお魚。DHA・EPAを多く含みます。また、血合いには多くの栄養素があり、血液をサラサラにし、脳の働きを高め、貧血、胃腸疾患予防にもなります。塩焼・味噌煮が美味。



 

少量で必要な栄養素を取ることができます。でんぷんが多く、脂質が少なくヘルシー。ミネラルも多く含んでいます。

 

ビタミンCが豊富でイチゴやレモンにも負けません。他にカロチン・タンニン・ミネラルも含みます。

 

梨(幸水)

成分の89%が水分です。食物繊維も含んでおり、便秘解消に役立ちます。

 

大根

イソチオシアナート(大根の辛味の部分で、がんになる前の異常化した細胞の増殖を抑えてくれる栄養素)が豊富。血液をさらさらに、抗菌作用などがあります。

 

さつまいも(薩摩芋)

1本(200g)で1日のビタミンCが摂れます!

 

次のページへ

パートナーさん募集
  • ヒルマシェフのレシピ情報
  • 今週のお買い得情報
  • 店舗情報