トップページ > ヒルマ博士の食材情報

2007年 12月

たらばがに

淡白で繊維の太いカニです。最高級の缶詰用でしたが、最近では好んで食べる人が多くなり、活けものも出回るようになりました。

 

ふぐ

真冬を代表する高級魚。透明感の強い白身は煮ても焼いても非常に美味しく、深い旨みがあります。とらふぐはふぐの代名詞的存在。特有の香りが強い白身できわめて美味。身持ちが良く鮮度が落ちにくいお魚です。

 

たら

寒くなるにつれて脂がのって味が良くなる魚です。水分が多く身肉の脂質が0.4%と淡白な白身であっさりした味わいです。タラちり鍋や汁物としてお召し上がり下さい。

 

いちご

赤く、甘く、愛らしく、果物の女王のようないちごですが、植物としてはすいか、メロンと共に野菜に分類されます。現在いちごは高配によって毎年のように新しい品種が生まれています。

 

りんご

日本のりんご生産量の約半分をしめるのがサンふじりんごです。酸味が少なく甘みが強く蜜がたっぷり入っています。「サンふじ」という名は、日光を充分に浴びせて育てた甘いりんごをいいます。

 

次のページへ

パートナーさん募集
  • ヒルマシェフのレシピ情報
  • 今週のお買い得情報
  • 店舗情報