トップページ > ヒルマ博士の食材情報

2010年 12月

平目

脂肪がのっておいしくなるのは晩秋から真冬。カルシウムなどのミネラルやビタミンをバランスよく含んでいます。血圧を下げ、骨を丈夫にしてくれます。身が透き通っているものが新鮮です。やはりお刺身が美味。

 

ずわい蟹

肉にはタンパク質とミネラルが、卵巣には老化防止物質が含まれています。国内産が甘味があります。甲羅に黒い点がたくさんついているほうが、身がたくさん入っていると言われています。

 

はたはた(鰰)

冬が最も美味しい、栄養満点のお魚。ビタミンA・D・DHA・EPAが豊富。ダイエットや老化防止、生活習慣予防に最適のお魚です。身が太っているものが美味。塩焼きがお勧めです。

 

赤貝

旬は冬から春。たんぱく質をを多く含みます。さらにビタミンB12も貝類ではシジミに続いて2番目に料を多く含みます。目利きは、口がしっかり閉じている物を選びましょう

 

大根

おでんにかかせない大根。美味しい季節の到来です。イソチオシアナート(大根の辛味の部分で、がんになる前の異常化した細胞の増殖を抑えてくれる栄養素)が豊富。血液をさらさらに、抗菌作用などがあります。

 

白菜

お鍋といえば白菜。95%が水分で、栄養価が高いとは言えませんが、ビタミン・ミネラルを含み低カロリーの野菜。

 

ねぎ

こちらもお鍋には欠かせない冬の野菜です。ビタミン・ミネラルが豊富。成分の硫化アリルは食欲を促進し、発汗・解熱作用があります。

 

みかん

ビタミンCが豊富でみかん2個で1日分のビタミンを摂ることができます。栄養素は皮に多く含まれていてビタミンCは実の3倍!

 

次のページへ

パートナーさん募集
  • ヒルマシェフのレシピ情報
  • 今週のお買い得情報
  • 店舗情報