トップページ > ヒルマ博士の食材情報

2011年 03月

さより(細魚)

高タンパクでナイアシンを多く含みます。脳神経の働きを良くし、二日酔いを防いでくれる効果があります。 口ばしの下側が赤いのが新鮮な証拠です。お刺身・天ぷら・酢の物との相性も抜群です。

 

にしん(鰊)

是非とって頂きたい栄養素がたっぷり!DHA・EPA・ビタミンA・Dが豊富。血液中のコレステロール値を低下させ血液をさらさらに!脳の働きを活発にしてくれます。天ぷら・味噌煮・にしんそばが有名。

 

あさり(浅利)

産卵期直前の3月〜4月が旬。貝殻を固く閉じているものが新鮮。貧血と関係の深い鉄分・ビタミンB12が豊富に含まれ、貧血気味の人や低血圧の人、妊産婦には最適な食材と言えます。

 

しらす(白州)

100gで1日のカルシウムを摂ることができます。DHA・EPAが豊富に含まれています。離乳食後の赤ちゃんやお年寄りにも最適です。身がしっかりとしていて、黄ばんでいないもを選んで下さい。

 

いちご(苺)

ビタミンCが100g中50〜100mgと豊富でレモンをはるかに超えます。中サイズを7.8個食べれば1日の必要ビタミンを十分に摂ることができます。

 

菜の花

栄養価の高い緑黄色野菜です。βカロチンやビタミンB1・B2、ビタミンC、鉄、カルシウム、カリウム、食物繊維などの豊富な栄養素をバランスよく含んでいます。新聞紙やキッチンペーパーに包んで保存。

 

次のページへ

パートナーさん募集
  • ヒルマシェフのレシピ情報
  • 今週のお買い得情報
  • 店舗情報