トップページ > ヒルマ博士の食材情報

2011年 04月

ほたるいか(蛍烏賊)

ビタミンB12.銅を多く含みます。3月に収穫し旬は4月。身が張って柔らかく甘みの強いお魚。目が澄んでいて胴に膨らみがあるものが新鮮。保存は茹でて冷凍庫へ。お刺身で生姜醤油がよく合います。

 

春さば(春鯖)

DHA・EPAを多く含みます。また、血合いには多くの栄養素があり、血液をサラサラにし、脳の働きを高め、貧血、胃腸疾患予防にもなります。産卵時の4〜6月の春鯖も、秋鯖同様、脂がのって美味なんです。

 

めばる(眼張)

カリウム・カルシウム・ビタミンD・Eを多く含んでいます。高血圧を予防し、骨や歯を丈夫にしてくれます。皮の赤い赤メバルが一般的で味も一番!皮の赤身が濃いほど新鮮な証拠。煮付けが美味。

 

さくらだい(桜鯛)

桜鯛は美称で、真鯛の意味。高タンパクで低脂肪のとてもヘルシーなお魚。DHA・EPA・タウリン・ビタミン類を豊富に含んでいます。夏バテ防止・高血圧を予防してくれます。春の産卵を終えたこの時期が食べ頃。

 

たけのこ

たんぱく質が豊富で、ビタミンB1・B2・ミネラルも含みます。食物繊維も豊富で便秘解消にも効果的。

 

セロリ

ビタミンB1.2・カリウム・食物繊維を多く含みます。独特な香りには精神を安定させる働きや、臭みを消す働きがある。目利は、茎が太くて長く、固めのものが新鮮。

 

キウイ

ビタミンC豊富で、がフルーツの中でもトップクラス!美容に・風予防に・免疫力アップに効果的です。たまた、コラーゲンの生成を助けてくれます。ぜひ食べたいフルーツです。

 

次のページへ

パートナーさん募集
  • ヒルマシェフのレシピ情報
  • 今週のお買い得情報
  • 店舗情報