トップページ > ヒルマ博士の食材情報

2011年 05月

鯵(あじ)

5月〜夏が旬。DHA・EPAを多く含み、ビタミン・カルシウムなどの栄養素がバランスよく含まれています。お子様の成長や健康維持、美肌に効果的。体にハリがあり、目が黒い物が新鮮

 

初鰹(かつお)

血合いに含まれるビタミンB12は魚肉のなかではトップクラス!DHA・EPAも含み、高血圧・生活習慣病などの症状を予防する食材。太っていて、腹の縞模様がはっきりしている物を選びましょう。

 

伊佐木(いさき)

梅雨入りと同時に旬を迎えます。たんぱく質・ビタミンDが豊富。高血圧・脳血管障害の予防・成人病予防に効果的。クセがなく淡白な味。塩焼き・煮つけ、特にたたきがお勧め。目が澄んでいるものが新鮮です。

 

マコガレイ(鰈)

豊富に含まれるビタミンB2は、健康な皮膚や髪、爪を作ります。きめ細かいしっかりとした肉質のおいしい鰈。煮つけが美味。太って身が詰まっているものがお勧めです。

 

きゃべつ

骨を強くするビタミンK、胃潰瘍防止に役立つビタミンUが豊富。他ビタミンC・カルシウム・アミノ酸も豊富。目利きは、ふんわり葉が巻いてある物で、芯が全体の1/3位の長さの物です。

 

アスパラガス

たんぱく質の合成を促進するアスパラギン酸は、疲労回復に効果があります。太く、穂先が濃い緑でつしっかりつぼんでいるものを選びましょう。

 

びわ

果実の90%が水分で、カロチン・ビタミンB群・リンゴ酢・クエン酸を含み、風邪の予防に役立ちます。カロチンの量は果物の中ではトップクラスです

 

次のページへ

パートナーさん募集
  • ヒルマシェフのレシピ情報
  • 今週のお買い得情報
  • 店舗情報