トップページ > ヒルマ博士の食材情報

2008年 02月

さわら(鰆)

春のお魚で春にたくさん獲れるお魚です。身もとても柔らかく上品な味。代表的なのが西京焼で身が良く締まり、味噌の甘さがさわらの品の良い味を際立たせます。新鮮なものはお刺身も美味。

 

さより(細魚)

姿も味も大変上品なお魚。下あごの先の朱色が鮮やかなものが新鮮。味は淡白で油と相性が良く、小型のものなら薄い衣でさらっと揚げるのが美味。30センチを超す大型のものは酢の物・あえ物に向きます。

 

めばる(眼張)

早春の釣り魚としても人気で全国的に親しまれているお魚。白身で柔らかくクセがないので誰からも好かれています。新鮮なものは火を通すとはじけるような歯ごたえで、煮魚が美味しい。

 

白菜

日本で最も多く出回っている結球性の白菜で、菜先がお互いにかぶさり合っています。葉の色は内側のものほど淡黄色になります。近年は芯が黄色く柔らかい黄心と呼ばれる品種が人気です。

 

大根

春の七草のすずしろとは大根のこと。作付面積、生産量ともにじゃが芋に次ぐ日本の代表野菜。100種類以上あるといわれる日本の大根ですが、近年では甘味の強い青首大根が人気です。

 

次のページへ

パートナーさん募集
  • ヒルマシェフのレシピ情報
  • 今週のお買い得情報
  • 店舗情報