トップページ > ヒルマ博士の食材情報

2012年 12月

頭矮蟹

肉にはタンパク質とミネラルが、卵巣には老化防止物質が含まれています。国内産が甘味があり、甲羅に黒い点がたくさんついている物のほうが、身がたくさん入っていると言われています。

 

ふぐ(河豚)

天然ものが少なく、中でもとらふぐは高級魚。身は味が濃く、皮はコラーゲンが多く含まれ、ヒレはひれ酒にされます。高たんぱくで低カロリー。疲労予防に効果のあるビタミンEが豊富。

 

むつ(睦)

高タンパクで低カロリーのヘルシーなお魚。DHA・ビタミン・ミネラルをバランスよく含んでいます。血栓を予防し、生活習慣病・骨粗しょう症を予防してくれます。目が青く澄んでいるものを選んでください。

 

わかさぎ(公魚)

丸ごと食べられ淡白なお味が人気。カルシウムが豊富にとれ、鉄分も豊富。春まで旬の魚です。

 

大根

95%が水分でビタミンCと消化酵素をたっぷりと含んでいます。秋から冬の大根は甘みが増してきます。

 

うこん(鬱金)

ご存じ、肝機能を強化し、肝臓・胃を健康にし、がん予防にも効果ありといわれるうこん。見た目はしょうがに似ています。カレーのスパイスにも広く使われています。

 

ごぼう(牛蒡)

食物繊維が豊富。腸の働きを整え、コレステロールの増加を抑えてくれます。まっすぐでヒゲ根が少ないものを選んでください。

 

れんこん(蓮根)

ビタミンCが豊富で、コラーゲンの生成を促します。食物繊維も豊富で便秘解消にもなります。目利きは厚みがあり、ふっくらとしているもの。カットの場合は、表面が白くみずみずしいもの。

 

次のページへ

パートナーさん募集
  • ヒルマシェフのレシピ情報
  • 今週のお買い得情報
  • 店舗情報