トップページ > ヒルマ博士の食材情報

2013年 01月

寒ひらめ

脂がのった身は絶品で古くから高級魚とされています。低脂肪なのに味が深いのは、タンパク質のアミノ酸がバランスよく、旨み成分を多く含んでいるからです。ヒレの付け根の「縁側」はコラーゲンが豊富。

 

鰤(ぶり)

脂がたっぷりのった天然ぶりは特上の味。特にこの時期の「寒ぶり」は味に深みがあります。鮮度が落ちていると血合いが黒ずんでくるので、鮮やかな赤色の身を選んでください。DHAやEPAを多く含んでいます。

 

海苔

収穫は冬。ビタミン・ミネラルが豊富に凝縮された栄養食品。歯を強くするカルシウムが豊富なので、お子様のおやつにもぴったりです。

 

鯥(むつ)

真冬が旬で夏は味が落ちる魚です。煮付けや蒸し物に最適。高タンパクで低カロリーのヘルシーなお魚。DHA・ビタミン・ミネラルをバランスよく含んでいます。目が青く澄んでいるものを選んでください。

 

キャベツ

骨を強くするビタミンK、胃潰瘍防止に役立つビタミンUが豊富。ふんわりと葉が巻いてあるもの・半分に切ったとき、芯が1/3の長さのものを選んでください。

 

ほうれん草

緑黄色野菜の中でも栄養価はトップクラス!特に冬のものは夏と比べ栄養価が高いんです。鉄・マグネシウム・ビタミンC・葉酸などをしっかり含み、貧血予防にも効果があります。たくさん食べたい野菜です!

 

菜花

1年中食べれますが、旬は冬から早春にかけて。ビタミンCを含む量は野菜の中でもトップクラス!美肌効果や風邪予防に最適です。ごま味噌和えやバターソテーをして食べるのがお勧め。

 

次のページへ

パートナーさん募集
  • ヒルマシェフのレシピ情報
  • 今週のお買い得情報
  • 店舗情報