トップページ > ヒルマ博士の食材情報

2013年 12月

ずわいがに(頭矮蟹)

低カロリーで低脂肪、低コレステロール。肉にはしっかりとタンパク質とミネラルが含まれています。国内産が甘味があり、甲羅に黒い点がたくさんついている方が、身がたくさん入っていると言われています。

 

ふぐ(河豚)

美肌効果のコラーゲンがたっぷり!疲労予防に効果のあるビタミンEも含んでいます。身はお刺身やちり鍋に、コラーゲンたっぷりの皮は煮こごり、ひれはひれ酒に使われます。

 

ぶり(鰤)

「寒ぶり」は特に美味と言われていますDHA・EPAをたくさん含んでいます。切身は鮮度が落ちると血合いが黒ずんでくるので、身が鮮やかな赤色のものを選んで下さい。照焼、しゃぶしゃぶと多彩な料理に使えます。

 

むつ(睦)

高タンパクで低カロリーのヘルシーなお魚。2月までが旬。EPA・ビタミン・ミネラルをバランスよく含んでいます。血栓を予防し、生活習慣病・骨粗しょう症を予防してくれます。お刺身がお勧めです。

 

こまつな(小松菜)

白菜同様、旬は冬。寒さが増し、霜にあたると甘味が増して美味しくなります。なんと、カルシウムはほうれん草の3倍以上含んでいます!ビタミンBの量もトップクラスです!

 

ほうれん草

ビタミン類がたっぷり!根元の赤い部分は、骨の形成に重要な「マンガン」が豊富に含まれています。捨てずに茹でて食べてみましょう。冬のほうれん草は夏のものより栄養価が高く、甘味もまして美味しくなります。

 

みずな(水菜)

食物繊維をはじめ、ビタミンB群など、ビタミンとミネラルがバランスよく含まれています。乾燥しやすいので、適度な水分を含ませ保存する事がお勧め。

 

ネーブル

12月〜4月が旬。食物繊維が多く、ビタミン・ミネラルもバランスよく含んでいます。ストレス解消、美肌作りに効果があります。

 

ハウス栽培のいちご

ビタミンCが100g中50〜100mgと豊富でレモンをはるかに超えます。中サイズを7.8個食べれば1日の必要ビタミンを十分に摂れます!かわいいだけのいちごではありませんね!

 

次のページへ

パートナーさん募集
  • ヒルマシェフのレシピ情報
  • 今週のお買い得情報
  • 店舗情報