トップページ > ヒルマ博士の食材情報

2014年 01月

のり(海苔)

日本には約30種の海苔があります。冬に収穫された海苔は1月〜春が旬です。
ビタミンやミネラルが豊富なのは知られていますが、その他に骨を丈夫にするカルシウムもたくさん含んでいます。

 

たら(鱈)

漢字のとおり、寒い季節に味が良くなり、世界中で食されているお魚。
脂肪分が少ないのでダイエット食としては最適です。また、消化、吸収が良いので、体調不良の際にも向いているお魚です。

 

ふぐ(河豚)

美肌効果のコラーゲンがたっぷり!疲労予防に効果のあるビタミンEも含んでいます。身はお刺身やちり鍋に、コラーゲンたっぷりの皮は煮こごり、ひれはひれ酒に使われます。

 

ひらめ(平目)

1月から2月が旬の「寒ビラメ」は脂がしっかりのりっていて、古くから高級魚とされています。
養殖も脂がのっていると人気があります。高タンパクで低カロリーなお魚。縁側には肌に嬉しいコラーゲンがたっぷり。

 

冬きゃべつ

1月〜3月は冬キャベツが旬。1年中出回っていますが、冬キャベツは甘みがあり、煮込み料理にぴったり。ふんわりと葉が巻いてあるものを選んでください。

 

ほうれん草

ビタミン類がたっぷり!根元の赤い部分は、骨の形成に重要な「マンガン」が豊富に含まれています。捨てずに茹でて食べましょう。冬のほうれん草は夏のものより栄養価が高く、甘味もまして美味しくなります。

 

ハウス栽培のいちご

ビタミンCが100g中50〜100mgと豊富でレモンをはるかに超えます。中サイズを7.8個食べれば1日の必要ビタミンを十分に摂れます!かわいいだけのいちごではありませんね!

 

ネーブル

12月〜4月が旬。食物繊維が多く、ビタミン・ミネラルもバランスよく含んでいます。ストレス解消、美肌作りに効果があります。

 

次のページへ

パートナーさん募集
  • ヒルマシェフのレシピ情報
  • 今週のお買い得情報
  • 店舗情報