トップページ > ヒルマ博士の食材情報

2014年 05月

さより(細魚)

さっぱりとしたクセのない味。早春に味が良くなるお魚です。高タンパクでナイアシンを多く含みます。口ばしの下側が赤いのが新鮮な証拠

 

にしん(鰊)

「春を告げる魚」と言われています。近年では漁獲量が激減しています。高タンパクでナイアシンを多く含みます。脳神経の働きを良くし、二日酔いを防いでくれる効果があります。

 

たい(鯛)

高タンパク・低脂肪でとてもヘルシー。DHA・EPA・タウリン・ビタミン類を豊富に含んでいます。夏バテ防止・高血圧を予防してくれます。煮る・焼く・蒸す・お刺身、どんな調理法でも美味しいお魚です。

 

めばる(眼張)

カリウム・カルシウム・ビタミンD・Eを多く含んでいます。高血圧を予防し、骨や歯を丈夫にしてくれます。体がふっくらしていて、エラが鮮紅色のものを選びましょう 。

 

そらまめ(空豆)

鉄、銅などのミネラルが豊富。鮮度が命で、さやから出すとすぐに鮮度が落ちてしまいます。すぐに茹でるのがお勧めです。

 

にんじん(人参)

カロチンを多く含む緑黄食野菜。ビタミンAも豊富で、1日半分でビタミンAの1日の必要量を摂ることができます。

 

次のページへ

パートナーさん募集
  • ヒルマシェフのレシピ情報
  • 今週のお買い得情報
  • 店舗情報